ナース人材バンクでデイサービスの求人を探しましょう! デイサービスの給料と転職

デイサービスの看護師、勤務時間と勤務形態、そして忙しさはどうですか?

「デイサービスの看護師の勤務時間って、本当に求人票の通りなのかな?」

「忙しい現場なのかな?」

と疑問に思う看護師さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

特に勤務時間から、主婦業、子育ての両立が行いやすい職場として検討されている看護師さんも多いと思います。

しかし、デイサービスで働いている看護師さんは比較的少ないので、どのような現場なのか、まだご存じない看護師さんも多いでしょう。

今回は、デイサービスで働く看護師の勤務時間と勤務形態、そして業務の忙しさについて、実際の現場の情報をあなたにお伝えします。

情報を仕入れて調べてみると、意外にもあなたのライフスタイルに合った職場が見つかるかもしれません。

デイサービス 看護師の勤務時間と勤務形態

デイサービス 看護師の勤務時間は、あなたも知っている通り、日勤の時間帯のみです。

大体8時半~18時の中で、実働7~8時間程度、早番や遅番、残業はほぼないです。

基本的には、利用者さんが施設にいる時間、つまりサービス提供時間に看護師が常駐していればよいという規則なので、私が実際に勤めているデイサービスは、看護師の勤務終了時間は17時か18時で選ぶことができます。

お休みは基本的に日曜日で、週6日実施しているデイサービスが多いですが、中には週7日と毎日実施している現場もあります。

デイサービスという施設はリハビリテーションや入浴介助、社会的交流といった目的に加えて、家族介護者の自宅不在時のサポートや介護休息といった目的もあります。

ですから、家族介護者のサポート・介護休息を主な目的としている施設では、家族のニーズに柔軟に対応できるよう週7日の頻度で実施していることが多いです。

一方、リハビリテーションを主な目的としている施設は週6日の現場が多いです。

また施設自体は、クリニック・外来と同様に、夏休みはありませんが正月休みはあります。

お休みの希望や有給休暇については、そのデイサービスの看護師の人員体制によります。

特に常勤看護師1人の施設は、非常勤がどのくらいフォローしてくれるかによって変わりますので、あらかじめ看護師の人員体制は確認しておいた方がよいでしょう。

デイサービスでの看護師の勤務時間・業務の流れをイメージしてみよう

デイサービスの看護師の勤務時間を、業務の流れを見ることでイメージしてみましょう。

デイサービス 看護師1日の業務内容は、主にバイタル確認、体調管理、医療処置(軟膏塗布・創傷処置・服薬・必要に応じて血糖値測定やインスリン注射)、簡単なリハビリ介助などです。

リハビリテーション(機能訓練)には、利用者さん1人に対して大体10~20分くらい看護師として関わります。

しかし理学療法士や作業療法士が常駐している施設は、看護師がリハビリテーションに関わることはとても少ないです。

リハビリテーションに関わること対して不安がある看護師さんは、リハビリの専門スタッフがいる施設を選ぶと、業務負担は少なくできると思います。

また、施設によっては、レクリエーションにも30分~1時間程度、関わることがあります。

レクリエーションは、大人数の集団ゲームやカラオケから、麻雀や囲碁、将棋等が行われています。

看護師も空いている時間は、麻雀や囲碁の相手を行うこともあり、とてもアットホームな雰囲気のなかで仕事をしています。

しかし、日によってはとても忙しい日もあります。

それは、利用者さんの人数が多い日や介助量が多い時です。

利用者さんが多いと医療処置やADLケアの頻度が増えますし、認知症の利用者さんが多い場合は転倒予防のための見守りが頻繁に必要となるときもあり、やや忙しいと感じるでしょう。

また極稀ですが、急変や転倒事故があると看護師はかなり忙しくなります。

このようないつもと変わったことがなければ、普段の業務は忙しくなく、勤務時間中はゆっくりと仕事ができる現場です。

デイサービスの看護師、勤務時間から考えるとこんな人におすすめです

デイサービスの看護師は、勤務時間的に残業や遅番、早番といったイレギュラーな勤務がないので、子育てや介護をしている看護師さんにおすすめです。

デイサービスは職場も自宅の近隣にも探しやすいため、通勤時間の短縮もできますし保育園などのお迎えにも支障をきたしにくいです。

お休みは大体、日曜・祝日に取れることが多いので、お子さんの予定にも合わせやすいと思います。

他にも、時間にゆとりを持って働きたい看護師さん、定年退職後もゆっくり働きたいという看護師さんにもおすすめです。

実は、逆にあまりおすすめできない看護師さんもいます。それは、高給料を求めている看護師さんです。

勤務時間や業務内容が限られているため給料は、一般的な看護師平均よりも低くなってしまいます。

むしろデイサービスはWワークとして活用した方が、給料アップにつながるでしょう。

ここまで聞いてみてどうでしょうか?デイサービスの勤務時間についてのイメージは湧きましたか?

勤務時間については、どこのデイサービスもあまり変わらないと思います。まずは看護師転職サイトに相談して、求人を探してみませんか?

デイサービスの看護師求人

  • ナース人材バンク

    ナース人材バンク

    デイサービスの求人を探してもらうなら、まずはナース人材バンクに相談してみましょう。 他サイトよりも詳しい職場情報が得られると、利用者さんからとても評判です。
    ナース人材バンク公式サイトを見る

  • マイナビ看護師

    マイナビ看護師

    ナース人材バンクとの併用におすすめなのが、マイナビ看護師です。 非公開求人が多い点がメリットです。
    マイナビ看護師公式サイトを見る

転職サイトランキングを見る